フランス語とアコーディオン

oblivion(忘却)

アコーディオンの先生から頂いた新しい楽譜は、

oblivion(忘却)。

Astor Piazzolla の名曲なのでご存知の方も
多いでしょう。しかしこれは、アコーディオンは
あくまで伴奏。メインのメロディーは、他の方が
弾くのです。

だから家で練習していても、メロディーがない。
・・なので、何を弾いているんだかさっぱり(笑)・・・。
・・・てか、私は頭の中で何となくメロディーを
思いながら弾くんですが、横で聞いている娘は、

「なにそれ?・・変な曲・・・」(←完全にバカにしている)

でも、今日、先生のレッスンに娘を連れて行って、
私の下手な伴奏に先生の美しいメロディーを重ねると
あら不思議?!素晴らしくかっこいい曲に変身!!
(伴奏はともかく、メロディーが。)

そうか、そうなるのか!!って顔の娘。

ほれ見ろ!娘!いい曲だろ!


[PR]



by clopinclopant | 2011-07-26 19:50 | アコーディオン

山本明日香       クロパン・クロポンという3人組でアコーディオン弾いてます。フランス語教えてます。時々事務員。二児の母。
by clopinclopant
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


ライフログ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧