フランス語とアコーディオン

Clopin clopant

昨晩は
坂野志麻の「バッフォーネdeアコーディオンナイト」にて、
クロパンクロポン、演奏させていただきました。

昨日も楽しいお客様と、良い時間を過ごせました。
ありがとうございます!!

同じくバッフォーネさんにて、3月8日には
「土佐のおきゃく」イベントで、クロパンクロポン
演奏します。

よろしくお願いします。

そういえば、私、去年の今頃にアコーディオンを
習い始めたんです。
あれから一年・・・・
こんな風に人前で演奏出来るなんて
思ってなかったです。
・・・と言ってもまだまだ下手ですけど(-_-);

そうそう、昨晩は、お客様の中に
フランスに住んでらした方がいらっしゃって
しきりとモンペリエという街の名前が
耳に入ってきていました。

私モンペリエに留学していたので
何だか懐かしくなりました。

モンペリエ(Montpellier)は、南フランスの町です。

もう10数年も前の話・・・(どっひゃー)。

モンペリエでは、語学留学で行ってたんですが、
ふとした事から出会いがあり、モンペリエでも
音楽をしてました。

もしやと思い・・、

検索してみたら、画像がありました!
懐かしい!!

d0238437_6284865.jpg


Fai Tirar Marius (ファイ・ティラ・マリウス)
というグループ。

楽器は笛と太鼓が主で、
(でも、右の人、アコーディオン持ってますね!)
お祭りの日に、道を練り歩きながら演奏します。
曲はシンプルなので、すぐ覚えられます。
今でも何曲か覚えています。
2月はカーニバルの時期なので、今頃
ファイ・ティラ・マリウス、きっと大忙しです。

モンペリエ辺りの地方はもともとオクシタン語(またはオック語)
と言う、今では少数言語ですが、そういう言葉を話してたんですよ。
ファイ・ティラ・マリウスはオクシタンの音楽を
演奏してるんですけど、時々歌もあるんです。
オック語で歌うんですけど、
その辺の住民も歌うんです。オック語で。
びっくりしました。えーみんな歌えるんだ!って。
だってフランス語と全然違うんですよ!
私もいくつかは覚えました、書けないですけど。
意味も全然分からないですけど(笑)。

・・と、昨日からモンペリエの事をつらつらと
思い出している私です。

ちなみに私は、笛担当でした。
竹で出来てる横笛です。
演奏前にみんなで音のずれが
ないか吹いて確認するという
何とも素朴な楽器でした。

歩きながら吹いていると酸欠で
手の先がしびれて頭がくらくらしてました(笑)。
[PR]



by clopinclopant | 2012-01-20 06:53 | アコーディオン

山本明日香       クロパン・クロポンという3人組でアコーディオン弾いてます。フランス語教えてます。時々事務員。二児の母。
by clopinclopant
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


ライフログ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧