フランス語とアコーディオン

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




ごはん

朝起きると、私は空腹です。

子供はそうでもないらしく、チンタラチンタラ、ご飯が進みません。挙げ句の果て、遅れそうになり、ご飯も残したまま登校です。

私は三食抜かす事はありません。
仕事が忙しくて、不規則になったとしても、食べないという事は、まずない。

で、

私は週に二回ほど、夜間の短大でフランス語を教えてるんですが、ある日、魚みたいな目をして、ボヤーっとしてる学生がいるんで、
「大丈夫?なんか食べてきたの?」
って聞いたら、
「俺、今日、朝から何にも食ってないっす。」って。
えーっっ(゚o゚;;⁈
だって、もう夜ですよ?
朝から何にも食ってないって⁈
どういうこと?

勉強が手につかないのはもちろんのこと、私だったらぶっ倒れてる!


夜間ですから、仕事を終えて、食べる暇なく授業に出る人も多い。ま、私も夕食の準備だけして、自分は食べずに出て来る事がほとんど。
そんな時も、私はチョコだとか、バナナだとか、なんか腹ごしらえは欠かさない。一時間半の授業、先生が元気なかったらダメだもんね。声も誰よりデカイし^^;。


そんなわけで、短大の私の授業は食べながら受講オッケーにいたしました。(ただし、散らかさない、匂いのきついものはダメ。)

先生は時々、フランスのビスケットだとか、ごくふつーのチョコだとか、生徒に配る時もあります。腹が減っては戦は出来ないからね。…ま、戦うわけじゃないけど。



みんな、ごはんはキッチリ食べようね!
[PR]



by clopinclopant | 2014-02-28 08:50 | 日々

アコーディオンが帰ってきた

雪の日に東京に旅立った私のアコーディオンちゃん。

無事に到着し、
調律され、あちこちの不調も治してもらい、金具やら、左のベルトも新調してもらって、

帰って参りました。

弾いてみて、ビックリ。音が調律されるとはこういう事か⁈

音が揃ってる…(^◇^;)。

いや、今までバラバラだったんだな、と、
今になって分かる。

古い楽器だから仕方ないのかな?って思ってた。

やっぱ、メンテは大事ですね。自分じゃ絶対ムリやし…。



なんか弾いてて気分いいんで、練習する気になりまする。



三月はすぐそこ(^O^☆♪
二月お休みしてたけど、三月からクロパン・クロポン、ボチボチ始動です。


3/1(土)「ひな祭り」
場所:日高酒蔵ホール
料金:無料


3/3(月)「taca-WoodBlastツアー」
時間:19時オープン、19時半スタート
場所:Shalala(高知市堺町9-22、088-855-5988)
料金:当日3000円,予約2500円※いづれも1ドリンク付き
出演:taca-WoodBlast、アハナウタ、クロパン・クロポン(少しだけ)


3/9(日)
場所:大橋通り
料金:無料
20時からクロパン・クロポン



4/13(日)『トルテとパンvol.2』
時間:open 13:00 /start 15:00~
場所:日高酒蔵ホール(高岡郡日高村本郷1887)
料金:前売(一般)¥2500/小中学生¥2000、当日(一般)¥3500-/小中学生¥2500-
出演:ザッハトルテ、クロパン・クロポン
※未就学児童は保護者の方の膝上であれば入場無料。お席が必要な場合は入場料1000円。
※飲食スペースもあります、飲食スペースは入場無料(日高村の美味しいお料理やドリンク販売もあり)
[PR]



by clopinclopant | 2014-02-25 00:08 | アコーディオン

メンテ

今日、アコーディオンを東京に送った。
調整、修理のため。

3月までライブがないから、今がいいタイミングかなー、っと思って。


そしたら東京、
…明日は雪が降るらしいσ(^_^;)。

宅急便の方、重い荷物送って…
すみませんm(._.)m。


転ばないでね…




d0238437_17112774.jpg

全然関係ないけど。

黒のタンクトップに萌える方へ。
[PR]



by clopinclopant | 2014-02-07 17:04 | アコーディオン

映画鑑賞

今回はこれ。



d0238437_10404911.jpg



これ、いつもTSUTAYAで借りるのがちょっと恥ずかしい。R指定だしね。



Les valseuses レ・ヴァルスーズ
訳すと、ワルツを踊る女性(複数形)

でも、意味は男性の睾丸を意味するスラング。
本当のそれを指す名詞が女性名詞なので、スラングも女性名詞が多いのです。

d0238437_10405088.jpg


2人の男が、軽犯罪を繰り返しながら盗んだ車で逃げまくるロードムービー、という感じなんだけど。

フランスが学生運動だとか、女性開放だとか、ヒッピーだとか、そんな時代に別れを告げ、保守化していく頃に作られた作品で、そんなフランスにバカヤローと叫んでるムービーでもあるわけです。結構、社会派な。

しかし、全編エッチだらけで、最初から最後まで登場するミュウミュウさんなんか、もう、服着てる方が違和感あり…笑。

d0238437_10405195.jpg


けど、個人的には、この映画は全くエッチじゃない。エッチなシーンは多いけど^^;…


それとは真逆に、
でてくる人物が未来の見えない、不安に押し潰されそうな、孤独な人たちで、
ラストまでその不安感は消えない。

コメディーでありながら、シリアス。

でも、そこに流れるステファングラッペリの軽快なヴァイオリンの音色がすごく良いのです。

そうそう。この映画、ステファングラッペリの音楽もですが、出演者もメチャ豪華なんですよ。

ジェラール・ドパルデュー(痩せてる‼)
ブリジット・フォッセー(禁じられた遊びに出てた女の子)
イザベル・ユペール

そして、私が一番おおっっとテンションUPするのが、
ジャンヌ・モロー。
なんてかっこいいんだ!

これは若い時のジャンヌ・モロー。
d0238437_10405120.jpg


ちなみに、DVDに収められてる、予告編は、睾丸のスラングを延々言ってます。全部聞き取れたらいいんだけど、よくわかんない。
[PR]



by clopinclopant | 2014-02-06 09:49 | 日々

アドリブ

先日の原田先生と都丸先生のアコーディオンレッスンは、「基本からお願いします」と頼んでいたにもかかわらず、内容はアドリブに関する事でした。(予想はしていた^^;)。アドリブといえば、ジャズの方達がかっこ良くやってますね。カリトマトナベもアドリブの応酬で、迫力満点です。
コード進行はテーマと同じ様に進み、そのコードに合わせて、各自が自由に即興で演奏するアドリブ。
ちなみにフランス語ではbouffe(ブッフ)って言うんですよ。俗語で簡単な食事の意味もあります。チャッチャッとあり合わせで即興で作るって事なのかな?


て、レッスンですが、
お二方の言っていた事が、何とも両極端だったので面食らいました。

原田先生は
最初はまず、コードの音で弾きなさい、そして、一つずつ音を増やしていきなさい。増やすのができたら、今度は減らす事もしてみなさい、と。そして、自分の弾いてる音が、何度の音なのかをちゃんと知って弾きなさい、と。

その他にも言っていたけど、一番印象に残ってるのが上記の内容。(間違えてるかも…)



で、
都丸先生は、
今からDmとG7のコードを弾くから、白鍵どれでもいいから、弾いて下さい。メチャクチャでもいいです。
黒鍵に行っても大丈夫です。白鍵に戻れば。

という様な内容でした。

私もお恥ずかしながら、昔ちょっとだけ音楽理論を習ったので、Dm G7とあれば、多分次にCにもどり、その三つのコードの後ろにはCメジャー、すなわちハ長調のスケールがおるんだというのは分かる。

面白いのは、2人のアプローチが全然違う事!
どちらも本当で、どちらも出来るのがいいんだろな。って思った。

そして、レッスン後からずっと考えている事がある。


どんなアプローチにしろ、最後は自分がどんな音を奏でたいのか?って事だよな。って。

私の音、ですよ。

都丸さんみたいに弾きたい!
原田さんみたいに弾きたい!
シマちゃんみたいに弾きたい!

って、憧れの人を真似して、
でもその先には、じゃあ、私の音は?

って。


そういう事を考えていたら、
やっぱり、どんな音でも、きれいにまず弾けなきゃな…と、ハノンを取り出したりする私なんでした^^;。

道のりは長いぜ!
[PR]



by clopinclopant | 2014-02-05 10:14 | アコーディオン

山本明日香       クロパン・クロポンという3人組でアコーディオン弾いてます。フランス語教えてます。時々事務員。二児の母。
by clopinclopant
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28


ライフログ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧