フランス語とアコーディオン

早朝映画2

Tsutayaで借りてきた映画、二本目は

d0238437_6121262.jpg


François Ozon(フランソワ・オゾン)監督
の 「Ricky」 リッキー。

フランスでは famille recomposéeと
いう言葉をよく耳にします。
再構成家族、すなわち、再婚家族の事です。

この映画も、そういった家族の話で、
母子家庭の2人が、母の新しいパートナーと
1つの家族になっていくお話だと
私は感じました。

で、母と新しいパートナーのあいだに生まれてくるのが
リッキーなんですが、この赤ちゃんには
何と・・、羽が生えてくるのです。

しかし・・・・
この赤ちゃんの羽!!
天使の様にキュートな赤ちゃんの背中から
痛々しく出てくるのは
まるで手羽先・・・。
その生々しい手羽先がピクピクと
動く様は、なんともいえず
グロテスク・・・・・
そして、日を追うごとに生えてくる羽根は
真っ白な天使のはね・・・ではなく
茶色い、まるでワシのような羽根。

さすがオゾン・・・・・

この映画で私が一番心に沁みたのは
母の愛を求める長女の姿かな。
そしてその長女がだんだんと母の新しいパートナーと
心を通わせていくところかな。
最後にリッキーを失った事で、
3人とも大きな穴を心に抱える事になるんだけど、
でもその心の穴が3人を結びつけていくって言うところが
印象的でした。

オゾンの映画はどれを観ても
損はない!!とやっぱり思ったのでした。
[PR]



by clopinclopant | 2011-10-12 06:35 | 日々

山本明日香       クロパン・クロポンという3人組でアコーディオン弾いてます。フランス語教えてます。時々事務員。二児の母。
by clopinclopant
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


ライフログ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧