フランス語とアコーディオン

映画鑑賞

今回はこれ。



d0238437_10404911.jpg



これ、いつもTSUTAYAで借りるのがちょっと恥ずかしい。R指定だしね。



Les valseuses レ・ヴァルスーズ
訳すと、ワルツを踊る女性(複数形)

でも、意味は男性の睾丸を意味するスラング。
本当のそれを指す名詞が女性名詞なので、スラングも女性名詞が多いのです。

d0238437_10405088.jpg


2人の男が、軽犯罪を繰り返しながら盗んだ車で逃げまくるロードムービー、という感じなんだけど。

フランスが学生運動だとか、女性開放だとか、ヒッピーだとか、そんな時代に別れを告げ、保守化していく頃に作られた作品で、そんなフランスにバカヤローと叫んでるムービーでもあるわけです。結構、社会派な。

しかし、全編エッチだらけで、最初から最後まで登場するミュウミュウさんなんか、もう、服着てる方が違和感あり…笑。

d0238437_10405195.jpg


けど、個人的には、この映画は全くエッチじゃない。エッチなシーンは多いけど^^;…


それとは真逆に、
でてくる人物が未来の見えない、不安に押し潰されそうな、孤独な人たちで、
ラストまでその不安感は消えない。

コメディーでありながら、シリアス。

でも、そこに流れるステファングラッペリの軽快なヴァイオリンの音色がすごく良いのです。

そうそう。この映画、ステファングラッペリの音楽もですが、出演者もメチャ豪華なんですよ。

ジェラール・ドパルデュー(痩せてる‼)
ブリジット・フォッセー(禁じられた遊びに出てた女の子)
イザベル・ユペール

そして、私が一番おおっっとテンションUPするのが、
ジャンヌ・モロー。
なんてかっこいいんだ!

これは若い時のジャンヌ・モロー。
d0238437_10405120.jpg


ちなみに、DVDに収められてる、予告編は、睾丸のスラングを延々言ってます。全部聞き取れたらいいんだけど、よくわかんない。
[PR]



by clopinclopant | 2014-02-06 09:49 | 日々

山本明日香       クロパン・クロポンという3人組でアコーディオン弾いてます。フランス語教えてます。時々事務員。二児の母。
by clopinclopant
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


ライフログ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧